JAZZあれこれ

スタディー

JAZZあれこれ

歌物としても愛される『バードランドの子守唄』

どうも、ズワイガニです。 今回は、ジャズのスタンダード・ナンバー、『バードランドの子守唄』という曲を紹介します。 Lullaby of Birdland(バードランドの子守唄) この曲は、私がジャズをなんとなく聴き始めた時...
JAZZあれこれ

ジャズ・ロック!ハービー・ハンコックの名曲『ウォーターメロン・マン』

どうも、ズワイガニです。 ジャズをベースとして多彩な音楽を手がけているハービー・ハンコック。 今回は、ジャズ・ロックの先駆けとなった彼の名曲『ウォーターメロン・マン』を紹介します。 Takin' Off(テイキン・オフ...
JAZZあれこれ

マッコイ・タイナーがジョン・コルトレーンのバンドに加入するまで

どうも、ズワイガニです。 ジョン・コルトレーン率いる『黄金のカルテット』のメンバーとして活躍したマッコイ・タイナー。 彼がジョン・コルトレーンのバンドに加入する前に一度同じバンドに所属していたことがあるといいます。 今回は...
JAZZあれこれ

ソニー・ロリンズ 生涯のレパートリー『セント・トーマス』

どうも、ズワイガニです。 ソニー・ロリンズの名曲としてジャズ・スタンダードになっている『セント・トーマス』という曲があります。 今回は、『セント・トーマス』について紹介します。 名盤『サキソフォン・コロッサス』に収録 ...
JAZZあれこれ

ソニー・ロリンズ、最初の雲隠れ【54年〜55年の1年間】

どうも、ズワイガニです。 ソニー・ロリンズという豪快な演奏でビ・バップ時代から活躍したジャズ・ジャイアントがいます。 そんな豪快で気持ちの良い演奏とは裏腹に、デリケートな一面を持つ彼は数度雲隠れ(長期の休養期間を挟む)したことで...
JAZZあれこれ

ディジー・ガレスピーが語ったビ・バップが名付けられた出来事

どうも、ズワイガニです。 今回は、ビ・バップが名付けられた時のことをディジー・ガレスピーがインタビューで回想していたので紹介します。 ペティフォードとの双頭バンド 1940年代半ば、五十二丁目とハーレムがジャズの中心地とし...
JAZZあれこれ

トニー・ウィリアムスがマイルス・バンドに入るまで

どうも、ズワイガニです。 今回は、黄金クインテットのドラムスを務めた神童トニー・ウィリアムスが17歳でマイルス・バンドに入るまでについてお話します。 16歳でニューヨークに 13歳のころからボストンの『コノリー』というナイ...
JAZZあれこれ

マイルス・デイヴィスが新人だった頃の話【チャーリー・パーカーのバンド在籍時】

どうも、ズワイガニです。 今回は新人だったマイルスが、パーカーのバンドにいた頃の話を紹介します。 初々しいマイルスが新鮮です。 マイルスが『ミントンズ・プレイハウス』に行っていた頃 ハーレムにある『ミントンズ・プレイ...
JAZZあれこれ

マイルス・デイヴィスが新人だった頃の話【チャーリー・パーカーとの同居】

どうも、ズワイガニです。 今日はマイルス・デイヴィスが新人だった頃の話を紹介したいと思います。 マイルスも新人の頃があったんですよね。。。 マイルス、ジャズをしにニューヨークへ 1944年、ジュリアード音楽院に入学す...
JAZZあれこれ

マッコイ・タイナーの『フライ・ウィズ・ザ・ウインド』は評価の分かれた名盤!?

どうも、ズワイガニです。 今回は、マッコイ・タイナーのベストセラー、『フライ・ウィズ・ザ・ウインド』を紹介します! Fly With The Wind(フライ・ウィズ・ザ・ウインド) 録音:1976年1月19〜21...