『モーニン』はアートブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの起死回生の名盤!

スタディー

どうも、ズワイガニです。

今回は、1958年に録音されたアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの名盤『モーニン』について紹介します。

 

スポンサーリンク

『モーニン』は起死回生の作品だった!?

1955年、アート・ブレイキーは、ホレス・シルヴァーとともにジャズ・メッセンジャーズを結成します。この時、ホレス・シルヴァーが実質的なリーダーでした。

しかし翌年、ホレス・シルヴァーはメンバーの大半を引き連れて脱退してしまいます。

ポジティブにいえば、アート・ブレイキーが名を取り、ホレス・シルヴァーが実を取った形になります。

そのため、これ以来、ジャズ・メッセンジャーズはアート・ブレイキーをリーダーとして活動を続けます。

もちろんジャズ・メッセンジャーズの名前だけもらっても、主要メンバーの大半が抜けたので、グループは低迷してしまいます。

そして、1958年、この難局を打開する出来事があります。

テナー・サックスのジャッキー・マクリーンが逮捕されたことで代役に入ったベニー・ゴルソンとの出会いです。

ベニー・ゴルソン:ハード・バップ期のテナー・サックス奏者。作編曲にも秀でており、数々の名作を残している。『クリフォードの想い出』は最も有名な作品のひとつ。

気に入ったアート・ブレイキーは、なんとベニー・ゴルソンを音楽監督兼テナー・サックスとしてメンバーに迎え入れます。

そして、メンバーもリー・モーガン(トランペット)、ボビー・ティモンズ(ピアノ)、ジミー・メリット(ベース)と若手に一新して、自身以外をすべて刷新してレコーディングに挑みました。

そして、これが功を奏し、この作品をきっかけにファンキー・ジャズの大ブームが巻き起こりました。

『モーニン』は、ベニー・ゴルソンに音楽監督を一任し、フレッシュなメンバーに総入れ替えして臨んだ、まさにアート・ブレイキーの起死回生の作品だったのです!

アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの『モーニン』はこちら↓

 

タイトル曲『モーニン』

『モーニン』は、ピアニストのボビー・ティモンズが作曲。

ボビー・ティモンズは牧師の息子で、幼い頃からゴスペルに親しんでいたことから着想したそうです。

では、一体どの部分がゴスペルなのでしょうか?

テーマの冒頭に、ピアノのシンプルなメロディに対して、トランペットとテナー・サックスのフレーズが合いの手のように入るところがあります。

この部分が、まるで教会で行われる牧師と参列者の応答のようなのです。

また、この響きがソウルフルだったことから、『モーニン』はファンキー・ジャズの定番曲となりました。

 

ファンキー・ジャズとは?

ファンキー・ジャズとは、ブルース・フィーリングを強調したブルースやゴスペルを根ざした演奏が主体のジャズのことをいいます。ソウル・ジャズとも呼ばれます。

この作品では、『モーニン』と『ブルース・マーチ』がファンキー・ジャズの決定的名演として評価されています。

 

コメント