マイルス・デイヴィスが新人だった頃の話【チャーリー・パーカーとの同居】

総合

どうも、ズワイガニです。

今日はマイルス・デイヴィスが新人だった頃の話を紹介したいと思います。

マイルスも新人の頃があったんですよね。。。

 

スポンサーリンク

マイルス、ジャズをしにニューヨークへ

1944年、ジュリアード音楽院に入学するため、イースト・セントルイスからニューヨークへやってきた若きマイルス・デイヴィス。

というのは建前で、本当の目的はジャズをするため。

父親の手前、最初の1年間は真面目に通ったそうですが、そのあとは面白そうな授業に出ただけみたいです。

マイルスがニューヨークにやってきた頃、ハーレムや52丁目界隈にはジャズ・クラブがあちこちにありました。

マイルスは、早速ディジー・ガレスピーやチャーリー・パーカーを探し回ったんですけど、なかなか見つかりません。

1週間で1ヶ月の生活費を使ってしまって、父親に電報を打ってお金を送ってもらったほどガチ捜索だったそうですよ。

しったかJAZZ博士
しったかJAZZ博士

マイルスは、18歳に見られなくてクラブに入れてもらうのに、何度も学生証を見せたそうじゃ。

1ヶ月ほど経った頃、ハーレムの『ヒート・ウェイヴ』というジャズ・クラブにチャーリー・パーカーが出ると知り、行ってみると本当に彼が出演していました。

 

マイルス、チャーリー・パーカーと同居する

パーカーは、ホテルを泊まり歩き、お金が無くなったら仕事をするような生活をしていました。

そんなパーカーにマイルスは「一緒に住まないか?」と提案します。

そうして、パーカーと一緒に住むようになったマイルスですが、パーカーはほとんどアパートにいないし、帰ってきたと思ったらいつの間にかいなくなっているような感じで、一緒に住んでいるのにパーカーを探し回る日々だったそうです。

 

ある時、マイルスはジュリアード音楽院で学んだことをパーカーに教えたんです。

すると、パーカーは音楽的な理論は全て分かっていたといいます。

パーカーは譜面もそんなにうまく書けない、なんならパーカーのメロディを代筆したこともあるマイルスは、びっくりしたそうです。

また、ある時、マイルスに「トランペットを吹かせろ」と言って吹いたパーカー。

マイルス曰く、「俺よりもうまくて、バードには敵わない気持ちになった」という。

 

基本マイルスは、パーカーの演奏を聴いて学んだという。

パーカーに特別に教えてもらったことはほとんどないというマイルスが、興味深いエピソードをインタビューで語っていました。

マイルスがディジーのように速いパッセージを吹きたくて一生懸命練習していた時のこと。

パーカーが、「真似をするぐらいなら、どうやれば自分の個性が表現できるか考えろ。」と言ってきたんです。

さらに「お前はスペースを活かしたフレージングに良いものがあるから、それに磨きをかけるべきだ。」と言ったんです。

当時みんながディジーの真似をしていて、スピードを競うような風潮があったため、このように言われてマイルスはホッとしたという。

マイルスの生涯のスタイルがここで決まったんだと思えるような、エピソードですよね。

 

結局、パーカーとの同居は、パーカーがクスリの売人に「お金はマイルスが払う」と言って、マイルスの元に取り立てが来たのがきっかけで解消することになったという。1944年末のことです。

翌年マイルスは、パーカーのバンドに抜擢されるのですが、その話はまた次の機会に。

 

おわりに

マイルスはインタビューでパーカーについてこのように語っています。

散々迷惑をかけられたが、それでもバードとのことは全てが財産。

たくさんのことを学んだし、ジャズの世界に入る最高のきっかけを作ってくれたから。

 

コメント