ウッドベースはコントラバス?ジャズにおけるベースについて

スタディー

どうも、ズワイガニです。

今回はジャズバンド内で最も低いパートを担当する楽器、ベースについて紹介します!

 

スポンサーリンク

ベースってどんな楽器?

ベースは、主にバンドの最も低音部分を担当する楽器です。

ジャズでは、基本となるビートとコード進行の示唆となるような土台部分の役割を担っています。

基本的なビートはドラムが作っていると思うかもしれませんが、ドラムはベースのビートに乗っかって装飾的なリズムを加えてジャズ特有のスイング感を生み出しているのです。

他の楽器はベースを聴きながら演奏しているので、ベースが狂えばバンド全体のリズムが狂ってしまう非常に重要なパートなんですよ!

 

ウッド・ベースとエレクトリック・ベース

ジャズでは、ウッド・ベースとエレクトリック・ベースが使われます。

ウッド・ベース

意外と知られていないのが、ウッド・ベースはクラシックでよく使われているコントラバスという楽器だということです。

クラシックでは、弓で弦を押したり引いたりして音を鳴らしていますが、ジャズでは弦を指で弾いて音を鳴らしています。

しかし、ドラムの音が常に鳴っているジャズでは、低音パートであるウッド・ベースは音が埋もれてしまいます。そこで、ウッド・ベースにはピックアップマイクを取り付けてアンプで増幅して、スピーカーで鳴らしているそうですよ。

ウッド・ベース↓

 

エレクトリック・ベース

一般的にベースと言われればこちらをイメージしますよね。

ウッド・ベースのように大きくなく、ギターそっくりの形状であるエレクトリック・ベース。

こちらはそもそも電気楽器なので、アンプとスピーカーを通して音を鳴らします。

音域はウッド・ベースとほとんど同じです。

エレクトリック・ベース↓

 

ベース奏者の一例

ベース奏者のすごい人たちの一例を挙げていきたいと思います。

ウッド・ベースの有名な奏者

チャールズ・ミンガス:モダン・ジャズの巨人。メッセージ性の強い作品が多い。

レイ・ブラウン:ビ・バップ時代からの名プレイヤー。

ポール・チェンバース:ビ・バップ時代からサイドメンとして錚々たるメンバーと共演。

ロイ・カーター:モード・ジャズに台頭。サイドメンとして錚々たるメンバーと共演。

エレクトリック・ベースの有名な奏者

ジャコ・パストリアス:ウェザー・リポートに参加。オリジナル性の強いサウンド。

スタンリー・クラーク:チック・コリアらとリターン・トゥ・フォーエヴァーを結成。テクニカルなベーシスト。

マーカス・ミラー:晩年のマイルス・バンドに参加。世界的なスラップベーシストのひとり。

 

最後にチャールズ・ミンガスの名盤紹介

最後に、チャールズ・ミンガスの名盤を紹介して終わります。

『直立猿人』

チャールズ・ミンガスがアトランティックに残した初期の名盤。

「Evolution(進化)」「Superiority Complex(優越感)」「Decline(衰退)」「Destruction(滅亡)」の4部構成の組曲で、猿が人間へと進化する過程を皮肉とユーモアを交えて演じるコンセプト・アルバムです。

ジャズに文学的要素を持ち込んだ曲として、高く評価されています。

 

コメント