【プレスティッジ4部作】マイルス・デイヴィスの”マラソン・セッション”とは?

スタディー

どうも、ズワイガニです。

マイルス・デイヴィスは1956年にレコード会社、プレスティッジとの契約を満了させるために、たったの2日間でアルバム4枚分を録音するという出来事がありました。

このときのアルバム4部作が『マラソン・セッション』と言われています。

今回は、マイルス・デイヴィスの『マラソン・セッション』を紹介します!

 

スポンサーリンク

マラソン・セッションとは?

マイルス・デイヴィスは、プレスティッジとの専属契約時代末期の1955年に、以下のメンバーでクインテットを結成しました。

  • ジョン・コルトレーン(テナー・サックス)
  • レッド・ガーランド(ピアノ)
  • ポール・チェンバース(ベース)
  • フィリー・ジョー・ジョーンズ(ドラムス)

そして、プレスティッジからコロンビアにレーベルを移籍することに。

しかし、プレスティッジとの契約がまだ残っていました。

なんとしてもコロンビアに移りたい!

そこで、マイルス・デイヴィスは”マラソン・セッション”を敢行!

1956年5月11日と10月26日のたった2日間で25曲、LPアルバム4枚分を録音しました。

こうしてマイルス・デイヴィスはコロンビアに移籍するわけですが、プレスティッジはこの時の録音をすぐには発売しようとはしません!

なんと1年に1枚ずつアルバムを発売し、4枚目が出たのは1961年!プレスティッジの策略恐るべし!

2日間で録音したものを4年かけて発売されたこの4枚が『マラソン・セッション』と呼ばれるプレスティッジ4部作になります。

しかも、最後に発売されたアルバム『スティーミン』は、5年前の録音にも関わらず、『ダウン・ビート誌』で5つ星をとっていて、マイルス・デイヴィスが常に時代を先取りしていたことが伺えます。

また、当時はソニー・ロリンズの影響が一世を風靡していたので、ジョン・コルトレーンもかなりの影響を受けていて、5月の録音ではソニー・ロリンズ的であるのに対し、10月の録音では自分自身のスタイルを見つけ出したような感じが見て取れて面白いです。

 

プレスティッジ『マラソン・セッション』4部作

Cookin'(クッキン)

 

Relaxin'(リラクシン)

 

Workin'(ワーキン)

 

Steamin'(スティーミン)

 

コメント