『枯れ葉』の決定的名演が聴ける『サムシン・エルス』【キャノンボール・アダレイ】

総合学習

どうも、ズワイガニです。

突然ですが、キャノンボール・アダレイって名前カッコよくないですか!?(笑)

今回は枯れ葉の決定的名演が収録されているキャノンボール・アダレイのアルバム『サムシン・エルス』を紹介します!

 

スポンサーリンク

キャノンボール・アダレイとは

1928年9月フロリダ州タンパ生まれのアルト・サックス奏者。

“キャノンボール”というのはもちろん芸名で、本名は”ジュリアン・エドウィン・アダレイ”といいます。

55年にニューヨークに進出、57年-59年にマイルス・デイヴィス・セクステットに加入。

『マイルストーンズ』『カインド・オブ・ブルー』などに参加しています。

この時期に今回紹介するアルバム『サムシン・エルス』もレコーディングしています。

その後、弟のナット・アダレイ(cor)とバンドを組み、『ワーク・ソング』などのヒット作を生みました。

ファンキー・ジャズの代表的な存在として知られています。

 

SOMETHIN’ ELSE(サムシン・エルス)

キャノンボール・アダレイが1958年に発表したアルバム。(ブルーノート・レーベル)

メンバーは以下になります。

  • キャノンボール・アダレイ(as)
  • マイルス・デイヴィス(tp)
  • ハンク・ジョーンズ(p)
  • サム・ジョーンズ(b)
  • アート・ブレイキー(ds)

1曲目のAutumn Leaves(枯れ葉)は、元々はシャンソンの曲ですが、マイルス・デイヴィスがこのアルバムに持ってきたことにより、ジャズのスタンダード・ナンバーになっています。

ドラムスにアート・ブレイキーがいるのですが、このアルバムではマイルス・デイヴィスに「何もしないでくれ」と言われたそうです(笑)

 

実質的にマイルス・デイヴィスのアルバムだった!?

このアルバムは実質的にマイルス・デイヴィスのリーダー作だと言われています。

1950年代初頭からマイルスは薬物中毒によりレコーディングができない状態に陥っていました。

マイルスの才能に惚れ込んだブルーノート・レーベルの創設者アルフレッド・ライオンは、彼をサポートすることに。

そして、52年あたりからは徐々にレコーディングできるようになってきたのですが、55年にマイルスはなんとコロンビア・レコードと契約してしまいます!

ブルーノートではマイルスの名前を前面に出したアルバムは出せなくなってしまいました。

そこで表に出たのがキャノンボール・アダレイというわけです。

キャノンボール・アダレイは57年にマイルス・デイヴィス・セクステットに加入しています。

58年の『マイルストーンズ』から59年の『カインド・オブ・ブルー』まで参加。いずれもコロンビア・レコードから発売されました。

『サムシン・エルス』は同時期の58年に録音され、ブルーノートから発売されています。

そういう事情があり、このアルバムはマイルス・デイヴィスの影のリーダー作と言われています。

 

コメント