ご機嫌なジャズ・ピアノが楽める名盤『プリーズ・リクエスト』【オスカー・ピーターソン・トリオ】

総合学習

どうも、ズワイガニです。

超絶テクニックとノリの良いご機嫌な演奏で有名なオスカー・ピーターソン。

今回は彼のピアノ・トリオの名盤『プリーズ・リクエスト』を紹介します。

 

スポンサーリンク

オスカー・ピーターソンとは

オスカー・ピーターソン(1925年8月-2007年12月)はカナダ生まれでした。

5歳のときにピアノを始め、クラシックも学んだ彼は、正確無比なテクニックとブルース・フィーリングを併せ持ち、88の鍵盤をフルに使ったダイナミックな演奏と流麗なアドリブで「鍵盤の皇帝」と呼ばれていました。

主にピアノ・トリオを好み、彼が残した大半のレコーディングやライブはピアノ・トリオでのものです。

49年にアメリカに進出。当初はスウィング・ジャズ時代に多かったピアノ・ギター・ベースのトリオ編成でしたが、1950年代後半からはモダン・ジャズで一般的なピアノ・ベース・ドラムスのトリオ編成に。

60年代前半のレイ・ブラウン(b)、エド・シグペン(ds)とのトリオは黄金期で、『ザ・トリオ』と呼ばれていたりしました。

ハッピーな演奏が信条で、万人に愛されるご機嫌なジャズ・ピアノを楽しめることができます!

 

We Get Requests(プリーズ・リクエスト)

オスカー・ピーターソン・トリオにより、1964年録音された名盤。

メンバーは以下になります。

  • オスカー・ピーターソン(p)
  • レイ・ブラウン(b)
  • エド・シグペン(ds)

アルバムのタイトルの通り、ファンのリクエストによる人気の高いスタンダードやボサノヴァを取り上げたアルバムになっています。

スタンダードの『Days of Wine and Roses(酒とバラの日々)』や『The Girl From Ipanema(イパネマの娘)』、当時のヒット曲『Corcovado(コルコバード)』や『People(ピープル)』などが収録されています。

このように選曲が分かりやすく、1曲1曲は短めにまとめられていて、ジャズ入門編としても聴きやすくてオススメです!

 

コメント