ジャズ・ロックの金字塔!リー・モーガンの『ザ・サイドワインダー』

総合学習

どうも、ズワイガニです。

“クリフォード・ブラウンの再来”と言われた天才トランペッター、リー・モーガン。

今回は、彼の商業的に大ヒットしたアルバム『ザ・サイドワインダー』を紹介します!

 

スポンサーリンク

リー・モーガンとは

リー・モーガン:1938年7月-1972年2月、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。トランペッター。

18歳のときにディジー・ガレスピーのバンドに加入し、同年には早くも自身のリーダー作を録音しています。

56年に亡くなったクリフォード・ブラウンと入れ替わるようにジャズ・シーンに登場した彼は、その演奏スタイルと若さから、”クリフォード・ブラウンの再来”として話題を呼びます。

57年にレコーディングされたアルバム『Lee Morgan Vol.3』の中の『アイ・リメンバー・クリフォード』の演奏で高い評価を得ました。この曲は、テナー・サックス奏者のベニー・ゴルソン作曲のクリフォード・ブラウンに捧げるバラードで、それを”クリフォード・ブラウンの再来”リー・モーガンが演奏するということですごい演奏になっています。

同年には、ジョン・コルトレーンの『ブルー・トレイン』のレコーディングに参加。

58年から61年まで、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズに在籍。

大ヒットアルバム『モーニン』を引っ提げてヨーロッパや日本を回ったライブツアーを行います。

63年に『ザ・サイドワインダー』が発売され、当時のブルーノート・レーベル最大のヒットを記録しました。

その後もリーダー作やサイドメンとして活躍しますが、72年2月にニューヨークのジャズクラブ「スラッグス」でのライブ演奏の2ステージ目と3ステージ目の合間の休憩時間に、三角関係のもつれから年上の愛人に射たれてしまいました。享年33歳。

 

The Sidewinder(ザ・サイドワインダー)

1963年に録音されたリー・モーガンのリーダー作。

表題曲『ザ・サイドワインダー』はクライスラーのCMとして起用され、当時のブルーノート・レーベル最大のヒットを記録しました。

この時のクライスラーのCMは楽曲許可を取っていなかったらしく、すぐに放映を取り下げたらしいです(笑)

レコーディングメンバーは以下になります。

  • リー・モーガン(tp)
  • ジョー・ヘンダーソン(ts)
  • バリー・ハリス(p)
  • ボブ・クランショウ(b)
  • ビリー・ヒギンス(ds)

表題曲『ザ・サイドワインダー』はリー・モーガン作曲です。

8ビートをいち早くジャズに取り入れた楽曲。8ビートはロックの基本ビートとされるため、ジャズ・ロックなんて呼ばれたりしていました。

リー・モーガンとバリー・ハリス、ジョー・ヘンダーソンがよく歌っていてノリノリです。

ボブ・クランショウはソニー・ロリンズを何十年も支えていたベーシストですね。

ビリー・ヒギンスは、フリー・ジャズの開祖、オーネット・コールマンのバンドでデビューして、以後フリーランスとしてフリー・ジャズとハード・バップをメインに活動したドラマーです。

テーマがとてもキャッチーで初めて聴いた人でもノれちゃう曲だと思います。

名曲『ザ・サイドワインダー』収録のこのアルバムをぜひ聴いてみてくださいね!

 

コメント