ジョン・コルトレーンがジャズに仕上げた『マイ・フェイヴァリット・シングス』

総合

どうも、ズワイガニです。

ジャズのスタンダード『マイ・フェイヴァリット・シングス』、この曲をジャズに仕上げたのは、ジョン・コルトレーンです。

今回は、アルバム『マイ・フェイヴァリット・シングス』を紹介します!

 

スポンサーリンク

My Favorite Things(マイ・フェイヴァリット・シングス)

1960年にジョン・コルトレーンがレコーディング、61年にリリースされたアルバムです。

レコーディング・メンバーは以下になります。

  • ジョン・コルトレーン(ss,ts)
  • マッコイ・タイナー(p)
  • スティーヴ・デイヴィス(b)
  • エルヴィン・ジョーンズ(ds)

レコーディングを行った1960年は、ジョン・コルトレーンがマイルス・デイヴィス・クインテットから二度目の脱退をした年になります。

脱退後、今回のメンバーである自身のレギュラー・バンドを結成して、今回のレコーディングに挑んでいます。

このアルバムで、ジョン・コルトレーンがソプラノ・サックスを起用したことで、以後のフュージョン系のサックス奏者がよく使うようになったと言っても過言ではありません。

タイトル曲は、ワルツのリズム。ソプラノ・サックスがすごく合っているように感じます。

このメンバーでしか出せないような火花が散るような演奏と言われているので、そこを楽しんで聴いてみてください。

3曲目と4曲目はスタンダード・ナンバーを演奏していますが、原曲から離れるように演奏していて面白いです。

 

『マイ・フェイヴァリット・シングス』について

このアルバムの1曲目、タイトル曲である『マイ・フェイヴァリット・シングス』は、ブロードウェイ・ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』の劇中歌です。

当時は、この曲がブロードウェイ・ミュージカルの劇中歌だと気付いた人はあまりいなかったようです。

このアルバムがきっかけで、楽曲の方が広く知られるようになった感じですね。

そして、このアルバムの5年後の1965年に『サウンド・オブ・ミュージック』は映画化され、アカデミー賞を受賞することとなります。

ジョン・コルトレーンは自身の愛奏曲として晩年までこの曲を演奏していたようです。

 

コメント