フュージョンの時代がきた!『リターン・トゥ・フォーエヴァー』【チック・コリア】

総合

どうも、ズワイガニです。

今回は、チック・コリアのフュージョン・アルバム『リターン・トゥ・フォーエヴァー』を紹介します。

 

スポンサーリンク

アルバム発表までの来歴

マイルス・デイヴィスがエレクトリック楽器を導入した1968年にマイルス・バンドに加入したチック・コリア。

1969年『イン・ア・サイレント・ウェイ』、1970年『ビッチェズ・ブリュー』などのレコーディングに参加します。

マイルスがフュージョン・ジャズの世界に移行してから、キーボードやオルガンなどピアノ・プレイヤーを複数人同時に採用しています。

その時にチック・コリアは、ハービー・ハンコック、ジョー・ザビヌル、キース・ジャレットらと共演しています。今後のフュージョン界を背負っていく人ばかりでなんともすごいメンバーですね。。。

その後、マイルス・バンドを脱退したチック・コリアは、71年にリターン・トゥ・フォーエヴァーを結成。72年に『リターン・トゥ・フォーエヴァー』を発表しました。

 

Return To Forever(リターン・トゥ・フォーエヴァー)

このアルバムはチック・コリア名義でリリースされたアルバムですが、実質的にバンドとしてのデビュー作と言えます。

レコーディング・メンバーは以下になります。

  • チック・コリア(key)
  • ジョー・ファレル(fl,ss)
  • スタンリー・クラーク(b)
  • フローラ・プリム(vo,per)
  • アイアート・モレイラ(ds)

このアルバムは、今まで聴いたことの無いような新しいサウンドを提示して、大ベストセラーになりました。

ボーカルを楽器のように入れ込むスタイルは斬新で、ラテン・ミュージックやサンバからの影響を取り入れた明るく開放的な仕上がりになっています。

『クリスタル・サイレンス』、『ラ・フィエスタ』といった名曲が収録されているのでぜひ聴いてみてくださいね!

そして、70年代は、フュージョンの時代となっていくのです。

 

コメント