アート・ペッパーの名盤『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』

総合学習

どうも、ズワイガニです。

1950年代にロサンゼルスを中心とした西海岸でウエストコースト・ジャズが流行りました。

今回はウエストコーストを代表するアルバムの一つ、『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』を紹介します!

 

スポンサーリンク

アート・ペッパーとは?

アート・ペッパーは、ウエストコースト・ジャズにおける代表的なアルト・サックス奏者です。

1925年にカルフォルニア州で生まれ、43年〜51年までスタン・ケントン楽団やベニー・カーター楽団で活動しました。

52年に初のリーダー作を録音しますが、53年以降クスリに手を出し何度か収監されることになります。

55年の復帰後をピークに、数々の名演を残し、ウエストコーストを代表するアルト・サックス奏者に。今回紹介するアルバム『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』も57年録音。

その後、再びクスリに手を出し10年以上を棒に振ることになります。

73年復帰、77年以来5度の日本公演を行いました。1982年に他界。

 

Art Pepper Meets The Rhythm Section(アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション)

このアルバムは、アート・ペッパーが当時のマイルス・デイヴィス・クインテットのリズム・セクションと共演したという意味で付けられたタイトルです。

西のアート・ペッパー、東のマイルス・デイヴィス・クインテットのリズム・セクションの一大共演ってやつですね。

メンバーは以下になります。

  • アート・ペッパー(as)
  • レッド・ガーランド(p)
  • ポール・チェンバース(b)
  • フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)

名曲『ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ』から始まるのと、全編ウエストコーストのクールな雰囲気と明るく軽やかな演奏で、とても聴きやすいアルバムになっています。

 

レコーディングは初顔合わせでいきなり本番!?

57年1月にマイルス・デイヴィス・クインテットは西海岸のジャズ・クラブを巡業していました。

そこに、コンテンポラリー・レコードのプロデューサー、レスター・ケーニッヒは目を付けたというわけです。

いきなりマイルスのポジションをアート・ペッパーにまかせるわけですから、ケーニッヒは、アート・ペッパーが緊張するといけないので、当日までレコーディング・メンバーを伏せてぶっつけ本番で行うことにしたようです。

その結果、初顔合わせでその日のうちにレコーディングを行うことになり、アート・ペッパーはナーバスになったそうですが、逆に良い緊張感の中で演奏できたことで、このような名演が生まれたということなのでしょうね!

 

コメント