ジョン・コルトレーンの情緒豊かなスタンダード集『バラード』

総合

どうも、ズワイガニです。

今回は、ジョン・コルトレーンが情緒豊かに歌い上げるアルバム『バラード』を紹介します!

 

スポンサーリンク

Ballads(バラード)

このアルバムは、ジョン・コルトレーン名義で1961-62年にレコーディング、63年にリリースされました。

バンド・メンバーは以下の通りです。

  • ジョン・コルトレーン(ts)
  • マッコイ・タイナー(p)
  • ジミー・ギャリソン(b)
  • エルヴィン・ジョーンズ(ds)
  • レジー・ワークマン(b) ※7曲目のみ参加

『バラード』は、スタンダードの曲を集めたスロー・バラード集です。

ジョン・コルトレーンは音を敷き詰めたような演奏スタイルから『シーツ・オブ・サウンド』と呼ばれるようにかなり吹きまくる方ですが、このアルバムでは違う面を見せています。

それは、テナー・サックス一本で音楽的な冒険をせず、感情豊かに吹いているということです。

1曲目の『セイ・イット』なんかはロマンティックに歌い上げていて必聴です。

また、マッコイ・タイナーのバッキングが素晴らしすぎると評判ですので、注目してみてください。

後年になるほどコルトレーンのコンセプトは難解なものが多い印象ですが、このアルバムはジャズ・ファンのみならず広く愛された名盤で、肩肘張らずにリラックスして聴けるアルバムだと思います。

ぜひ初めての方は聴いてみてくださいね!

 

コルトレーン・カルテット:ひとくちメモ

コルトレーンが結成したこの時のバンド・メンバーは『黄金のカルテット』と呼ばれ、メンバーのジミー・ギャリソンは、コルトレーンの指名を受けたほどのベーシストでした。

そして、61−67年までジョン・コルトレーン・カルテットに在籍し、コンサートでは従来よりもかなり長く自由なソロを与えられていたそうですよ!

 

コメント