ジョン・コルトレーン初期の名盤『ブルートレイン』

総合学習

どうも、ズワイガニです。

無名時代が長かったが、その後ジャズ界を最短で駆け抜けた男、ジョン・コルトレーン。

今回はコルトレーン初期のアルバム『ブルー・トレイン』を紹介します!

 

スポンサーリンク

ジョン・コルトレーンとは

ジョン・コルトレーン(1926年9月-1967年7月)はノースカロライナ州生まれ。

無名時代が長く、第一線級で活躍したのはわずか10年ちょっとでした。

しかし、その10年ちょっとの間に、絶えず進化し続けたことでジャズ・ジャイアントとして名を刻むことになります。

超簡単な略歴は以下になります。

  • 55年に第一期マイルス・デイヴィス・クインテットに抜擢
  • 57年に一時脱退し、セロニアス・モンクのバンドに加入
  • この年、リーダー作『ブルー・トレイン』を録音
  • 58年、マイルス・デイヴィス・クインテットに再加入
  • 自身のスタイルを音を敷き詰めたような演奏スタイル『シーツ・オブ・サウンド』と評される
  • 59年、マイルスのリーダー作『カインド・オブ・ブルー』を録音
  • 60年にマイルス・デイヴィス・クインテットを脱退
  • 自身のバンドを結成し、独自の音楽性を追求していく
  • 晩年はフリー・ジャズに取り組む
  • 67年に逝去

 

Blue Train(ブルー・トレイン)

上記の略歴を見ていただいたら分かる通り、『ブルー・トレイン』は、コルトレーン初期のリーダー作になります。

第一期マイルス・デイヴィス・クインテットを離れ、セロニアス・モンクのバンドで活動している頃で、まだ自身のスタイルを確立できていない頃の作品です。

メンバーは以下になります。

  • ジョン・コルトレーン(ts)
  • リー・モーガン(tp)
  • カーティス・フラー(tb)
  • ケニー・ドリュー(p)
  • ポール・チェンバース(b)
  • フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)

このバンドは3ホーンで編成されています。

トランペットとテナー・サックスが従来のスタンダードだったところに、トロンボーンを加えて3ホーンにしています。それを、コルトレーンが試して成功させたということになりますね。

その後、この編成はアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズが採用しています。

リズム隊は安定のマイルス・バンドを支える2人です。

トランペットはリー・モーガン。翌年にアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズに加入し、『モーニン』が大ヒットします。

トロンボーンは、旧知の仲と言われるカーティス・フラー。

というように、メンバーはコルトレーンの人選だったと言われています。

このアルバムは、ブルーノートから発売された唯一のリーダー作で、コルトレーンの意向が最大限に尊重されているそうです。

初めて自身の表現を確立した最初のレコーディング、『ブルー・トレイン』をぜひ聴いてみてくださいね!

 

コメント