ジャズのバッキングとはどんな感じ?

スタディー

こんにちは、ズワイガニです。

今回はバッキングについて素人向けに解説します。

 

スポンサーリンク

バッキングってどういう意味?

バッキングとはソロや歌などの背後で演奏されることを言います。

つまり伴奏です。

ジャズのコンボ編成(少数編成)のリズム隊は、主にピアノ、ギター、ベース、ドラムを指します。

これらの楽器でリード楽器(息の振動により音を発する楽器:トランペットやサックスなど)の伴奏をすることをバッキングと認識していただければ良いでしょう。

 

また、リズム隊の中でもピアノやギターは両方の性質を持っています。

ピアノはメロディを奏でられるので、両方の役割をこなすことができます。というか右手がメロディ、左手が伴奏で演奏できちゃいますよね。

ギターもメロディを奏でることができますし、コード進行により伴奏を奏でることもできます。

似たような性質を持った楽器も同様ですね。

 

バッキングは伴奏のこと!

これでバッキングのこと、わかりましたよね!

 

アーティスト紹介のコーナー

このままだと記事が早く終わりすぎるので、無理やりアーティスト紹介のコーナーを作りました(笑)

ということで、今回はボーカリストを紹介します。

エラ・フィッツジェラルドさんです。

彼女は20世紀を代表するトップボーカリストの1人です。

思春期までを大変な境遇で生き抜いた彼女は、17歳に出演したダンスコンテストで初めて歌を披露し優勝、その後チック・ウェブズ・バンドで歌手活動を開始して、一気にスターダムへと駆け上がります。

中でも病気で療養中であったチック・ウェブの為に作曲した『ア・ティスケット・ア・タスケット』が17週連続でトップチャート入りし、アルバムはミリオンセラーを記録しています。

その後、ソロ活動を開始した彼女はレコーディングやツアーに身を捧げることになるが、興行面と評価の面で大成功を収めることになるのでした。

また、彼女はルイ・アームストロングとのデュエットでいくつかアルバムを出しています。

彼女の滑らかで心地よい歌声とルイ・アームストロングの’あの’ダミ声は正反対の声質なんだけど、ずっと聴いていられる。まさに『ビューティ アンド ビースト』を体現したようなデュエットは必聴ものなので、ぜひ聴いてほしいな!

 

コメント