チャールズ・ミンガスの風刺的組曲『直立猿人』

JAZZあれこれ

どうも、ズワイガニです。

今回は、チャールズ・ミンガスが発表した実験的な作品『直立猿人』を紹介します!

 

スポンサーリンク

Pithecanthropus Erectus(直立猿人)

録音:1956年1月30日

↓レコーディング・メンバー

  • チャールズ・ミンガス(b)
  • ジャッキー・マクリーン(as)
  • J・R・モンテローズ(ts)
  • マル・ウォルドロン(p)
  • ウィリー・ジョーンズ(ds)

おどろおどろしいような感じがして敬遠されがちなこのアルバム。

ベーシストであるチャールズ・ミンガスのリーダー作で、組曲という形で実験的な表現をしています。

このアルバムにより、ミンガスはバンド・リーダーとしても作曲家としても評価を受けました。

しったかJAZZ博士
しったかJAZZ博士

ミンガスはピアノも弾けるんじゃぞ。

ミンガスの説明によると、「Evolution(進化)」「Superiority Complex(優越感)」「Decline(衰退)」「Destruction(滅亡)」の4部構成の組曲になっているようです。

タイトルからして、人類の文明社会をテーマにした風刺的な作品なんでしょうね。

1曲目はテーマ・メロディがないような感じで、そういう意味ではフリー・ジャズの先駆けのような曲ですね。

2曲目は特に好きです。ジョージ・ガーシュウィン作曲のスタンダード・ナンバーなんですが、サックスがクラクションの音を鳴らしたりして、想像力を掻き立てる演出をしています。

のちにマイルス・デイヴィスがこの曲をレコーディングしようとしたそうなんですが、このアルバムでの演奏が完成形だと思い、やめたのだとインタビューで語っています。

3曲目はジャッキー・マクリーン大活躍で、4曲目は約15分の大作でタンバリンが大活躍です。

 

チャールズ・ミンガスのひとくちメモ

若手を鍛えるミンガス・ワークショップ。

ミンガスはメンバーに自分のスタイルを確立するよう要求していました。

メンバーが誰かの真似事のようなフレーズを吹くようなものなら、めちゃくちゃしごかれたそうです。まさに鬼軍曹ですね。

 

そんなミンガスは、43年にルイ・アームスロトングのバンドで活動開始。

1950年代になると、チャーリー・パーカーやバド・パウエルと共演し、名声を広めました。

そして、自身のレーベル『デビュー・レコード』を立ち上げ、ビ・バップの雄が集結した歴史的名演『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』を録音しました。(販売ルートを確保できず、販売はプレスティッジに依頼したそうです。)

※『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』については以下の記事の最後の章で触れています。
曲がったトランペットを使う?ビ・バップを創った男、ディジー・ガレスピーは破天荒だった
どうも、ズワイガニです。 ビ・バップ創生期にチャーリー・パーカーと共にジャズ界に多大な影響を与えた男、ディジー・ガレスピー。 彼の破天荒なエピソードがいくつか残されています。 今回は、ガレスピーの紹介と共に破天荒エピソード...

しかし、レーベルの経営が困難になり、アトランティック・レコードと契約することに!

その第1弾となったのが、『直立猿人』だったというわけです!

 

コメント